グラクソ・スミスクライン株式会社

Zensoku.jp

喘息ってなに?~喘息のない生活へ~ 喘息治療Q&A

吸入薬とはどんなものですか?
吸入器を使うことで、気道に直接作用し、より少量で効果が得られる薬です。

吸入薬には、ステロイド薬と気管支拡張薬(配合剤もあります)、抗アレルギー薬、抗コリン薬などがあります。タイプとしては、自分の吸気力によって薬剤を吸入する「ドライパウダー吸入器」(DPI)と加圧ガスによって吸入するエアゾール式の「定量噴霧式吸入器」(MDI)の2タイプがあります。ドライパウダーの吸入薬は、薬剤を吸い込むときにタイミングを合わせる必要はありません。一方、エアゾール式の吸入器(MDI)は、上手に粉末を吸い込めない乳幼児でも、吸入補助器具を使用すれば楽に吸入することができます。

このページの先頭へ

吸入器は、お年寄りでも子供でも使用できますか?
年齢にかかわらず、使用できます。

ドライパウダー吸入器(DPI)なら簡単に吸入できます。一方、定量噴霧式吸入器(MDI)では、ボンベを押して噴霧するタイミングと吸い込むタイミングを合わせる必要があるので、ある程度のコツが必要です。ただし、タイミングが取れないお年寄りや乳幼児でも、吸入補助器具を使用すれば、ゆっくり普通の呼吸に合わせて吸入でき、吸入効率が向上します。

このページの先頭へ

毎日使う吸入薬をより安全に使うためには?
吸入したら必ずうがいをしましょう。

吸入によって口の中に残った薬剤は、水でうがいをして流します。こうすれば、ICS(吸入ステロイド薬)を含む薬にみられる局所的な副作用を防ぐことができます。

このページの先頭へ

ぜんそく治療は、いつまで続ければいいのですか?
たとえ症状がなくなっても、長く続けることが基本です。

ぜんそくは、高血圧や糖尿病などと同じ慢性の病気です。ですから、基本的には治療を長く続けていかなければなりません。しかし、薬によってぜんそくを上手にコントロールすることができれば、気道の状態を観察しながら、医師の判断により、薬を減らしていくことも可能です。ただし、ぜんそくを起こしやすい体質は変わらないため、一度治っても再び悪化することがあります。自分で勝手に判断せずに、医師に相談しながら、薬の減量方法を決めましょう。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

Copyrights (C) GlaxoSmithKline K.K. All rights reserved.