グラクソ・スミスクライン株式会社

Zensoku.jp

GSK

Zensoku.jp

STORY01
ぜんそく=発作でしょ? 篇
ピンチでマンガを拡大できます。
「ぜんそく」=”症状”ではありません。

ぜんそくというと、セキやタン、ゼエゼエといった症状・発作を思い浮かべる方が多いかもしれません。
実は、そういった症状は、ぜんそくという疾患の”氷山の一角”です。
ぜんそくの根底には、気道(空気の通り道)の慢性的な炎症があります。
ですから、ぜんそくのない生活を実現するためには、治療をつづけることで炎症を改善し、症状が出ない状態をめざすことが大切です。
ぜんそくは、慢性疾患。軽症の場合でもある程度長期に治療をつづけることが必要なんですよね。
医師・薬剤師の指示をまもって、きちんと治療を続けましょう。

前の話読むホームに戻る次の話読む

SHARE ON

  • twitter
  • mixi
  • facebook
PAGE TOP
PAGE TOP
前の話読むホームに戻る次の話読む
前の話読むホームに戻る次の話読む