小児喘息コントロールテスト(4〜11歳児対象)

このテストでは、4~11歳の喘息のお子様の現在のコントロール状態を確認することが出来ます。

【チェックの仕方】
各質問について、該当する回答の○をクリックしてください。
質問1~4をお子様が、また、質問5~7を保護者の方が回答してください。
もし、お子様が文章では判断できない場合には、ご自身の状態に近い顔を選ばせてあげてください。
○をクリックすると右側にこの質問に対するあなたのお子様の点数がでます。
すべての質問をクリックすると合計点が表示されます。

▼以下の質問はお子様に答えてもらってください。
1.きょうのぜんそくのぐあいはどうですか? 得点
とてもわるい 0てん わるい 1てん よい 2てん とてもよい 3てん
2.はしったり、うんどうしたり、スポーツしたりするとき、ぜんそくでどれくらいこまっていますか?  
やりたいことが できず、とても こまっている 0てん こまるし、いやだ 1てん すこしはこまるが、 だいじょうぶ 2てん まったくこまらない 3てん
3.ぜんそくのせいで、せきはでますか?  
はい、いつも 0てん はい、ほとんどいつも 1てん はい、ときどき 2てん いいえ、まったく 3てん
4.ぜんそくのせいで、よなかにめがさめますか?  
はい、いつも 0てん はい、ほとんどいつも 1てん はい、ときどき 2てん いいえ、まったく 3てん
▼以下の質問は保護者の方ご自身がお答えください。
質問5 この4週間で、日中お子様に何らかの喘息症状が出た日は何日ありましたか?
まったくない 1~3日 4~10日 11~18日 19~24日~ 毎日  
質問6 この4週間で、喘息のせいで日中お子様の息がゼーゼーした日は何日ありましたか?
まったくない 1~3日 4~10日 11~18日 19~24日~ 毎日  
質問7 この4週間で、喘息のせいでお子様が夜中に目を覚ました日は何日ありましたか?
まったくない 1~3日 4~10日 11~18日 19~24日~ 毎日  
合計
   
点数 20点以上

合計点数が20点以上の場合、喘息はおそらくコントロールされていると考えられます。お子様の喘息コントロールを評価する際、主治医が他の要素を考慮することがあります。お子様の喘息について主治医に相談してください。
喘息は予測できません。お子様の喘息の症状が軽度や無症状に見える場合でも、いつでも発症しうるのです。
お子様の喘息の調子が良くみえても、この小児喘息コントロールテストに定期的に答えるようにしてください。これからも定期的に主治医の診察を受けさせ、お子様の喘息がきちんと治療されているかどうか確認してください。
点数 20点未満

合計点数が20点未満の場合は、喘息があまり良くコントロールされていない可能性があります。
小児喘息コントロールテストの結果についてお子様の主治医と相談し、喘息治療計画を変える必要があるかどうか聞いてください。
喘息症状の主な原因(気道が炎症したり狭くなること)のコントロールを助け、毎日長期間使用できる薬について、お子様の主治医に聞いてください。おそらく喘息症状の主な原因を毎日治療することにより、多くのお子様の喘息を最良にコントロールできると考えられます。
著作権: グラクソ・スミスクライン株式会社2006. 禁無断転載・使用
編集協力: 社会福祉法人 希望の家附属 北関東アレルギー研究所 所長
群馬大学 名誉教授 森川 昭廣