グラクソ・スミスクライン株式会社

Zensoku.jp

喘息お役立ちツール ピークフロー値を記録しよう

「ピークフロー値」で自分の喘息の状態を知ろう

喘息の状態を把握する指標、および発作の予知に役立つものとして、「ピークフロー値」とがあります。これは、息を勢いよく吐き出したときに息が流れる速度のこと。喘息によって気道が狭くなっていると空気が通りにくいため、ピークフロー値は標準値より低くなります。

ピークフロー値は、ピークフローメーターと呼ばれる簡単な機械でいつでも手軽に測定できます。喘息の患者さんにとってピークフローメーターは、体温計のようなものです。糖尿病患者さんが血糖値を測り、高血圧の患者さんが血圧を測るのと同じであるともいえるでしょう。

ピークフローの測定は毎日、朝と晩に3回ずつ測定し、一番高い値を日記に記録しておきましょう。測定は立った姿勢で、薬を服用あるいは吸入する前の決まった時間に測定することが大切です。

ピークフロー値を毎日決まった時間に測定することで、気道の状態を把握することができます。そして、喘息の悪化もいち早く知ることができるため、適切に対処できるのです。ピークフロー値を測定して喘息の状態を知り、それに応じた対応をすることを、「喘息管理のためのゾーン・マネジメント」といいます。

喘息管理のためのゾーン・マネジメント

ピークフローの自己最高値や標準値を基準として判定します。

ゾーン ピークフロー値 状態の判定
グリーンゾーン 80%~100% 良好な状態です。
イエローゾーン 50~80%以上 注意が必要です。
レッドゾーン 50%未満 ただちに受診が必要です。
  • *ピークフロー値の%は、基準に対する実測値の割合です。

ピークフロー標準予測値はこちら

気になったら喘息の状態をチェックしてみよう

  • 喘息コントロールテスト(ACT) 12歳以上の方はこちら
  • 小児用ぜんそくコントロールテスト(C-ACT) 4~11歳の方はこちら

ぜんそくの診察や治療を行っている病医院をご案内しています。 病医院検索 現在ぜんそくの治療を受けていない方で、お近くの病医院をお探しの方は、参考としてご利用下さい。 検索はこちら

このページの先頭へ

Copyrights (C) GlaxoSmithKline K.K. All rights reserved.